1ヶ月遅れのアップ。
9:00過ぎ J-WAVEのクリトモ聞きながら、クルマで出発。
10:00 病院到着。
10:51 診察室へ。のどの異変の訴えはスルーされる。その他は、ありきたりの問診。外の通路のベンチに待機して、これからの検査の指示を待つ。指示受けるときに、のどのこともあるかな~と思ったが、看護師さんが出てきて、最初の計画通りに検査するみたいだ。
結果として(今現在)、何でも無かったかもしれないけど、あの時は辛かった。しょうがないけど、前のK先生だったら、とか思ってしまう。自分が、患者としていけないんじゃないかとかも。医療って、技術だけじゃないんだな~、を実感。
で、外に出たとき、会社の大先輩(今年夏に定年予定)が、奥様の付き添いでいらしてるとこにバッタリ。夫婦の歴史の重みみたいの感じて眩しかった。お互いへの労わりとか、年輪重ねられてるな~、と。
11:05 採血。
11:15~11:25 エコー検査。検査技師さんに、医学生に見せながらでいいですか?とお願いされる。途中、2,3医学生に質問しながら検査を続けていく。第三者がいることが、なんか安心だった。
11:58~12:12 CT。通路のベンチに座って待ってるとき、以前見かけた方がいた。随分辛そうに見える。
検査は、やはり造影剤の注射で気持ち悪くなってきた。
12:28 会計。
12:51 薬局で薬をもらう。薬局でも大先輩夫婦と重なる。奥様に給茶機からお茶を持っていく大先輩。しみじみいいな~と思う。私は、どうなっちゃうんだろ?I先生とのことがあるから、余計センチになってるのかな。薬をもらうとき、奥様の名前が「ユキコ」さんであることが判明。(あ、これは一応備忘録)
基本料 1,632、検査料 3,402、画像診断料 8,997、院外処方料 399、計14,430円。薬 73,210円。

(6月13日記)
by sadigah | 2006-05-16 12:51 | 闘病記 | Comments(0)
<< より確かな夏の計画。 ソウルメイト。 >>