親父の肩は大丈夫だろうか?
c0022340_1911510.jpg昨日は父の日だったけど、何もしなかった。で、勝手にオイラの思いだけを実現させてもらってきた。
今朝、庭仕事をしていた父に声をかけた。「キャッチボールしようよ。」前回のキャッチボールは、私が小学1,2年の頃だから、35年ぶりくらいか。
キャッチボールって不思議だな。どういう風に表現したらいいのかわからないけど、35年ぶりに親子でやるのに、これくらいピッタリなものないね。言葉で伝えきれないことが、ボールに乗っていく感じ。本当、『フィールド・オブ・ドリームス』みたいな時間だった。
入院してたときに、退院したらやりたいリスト考えてて、そのなかの一つがかなった朝。
写真、リスト実現のために用意した小道具。ロッテのファンクラブ加入でもらえる子供用グローブと、前の所属部署で草野球がブームになったとき手に入れたグローブ。
by sadigah | 2005-06-20 09:30 | 闘病記 | Comments(4)
Commented by fumiko212 at 2005-06-20 22:08
昨日、父の日だったんですね。すっかり忘れてました。
フィールド・オブ・ドリームス、いいですね~。いい父の日でしたね。
Commented by sadigah at 2005-06-20 23:23
今年が特別で、当たり障りの無い父の日が多かったな。
Fumikoさんも、見守られてると思うよ、きっと。
Commented by ps6 at 2005-06-22 08:26 x
母の日と違ってあまりたいしたことしなかった父の日。今思えばもっと父親と接点を持っておけばよかったなあと反省。似たもの同士だったせいか、必要以上に避けてたような・・・。きっとお父様の心に残る1日だったことでしょうね。
Commented by sadigah at 2005-06-22 17:17
照れるな~。あと、短い二人のコメント、二人のお父さんに届けたくなった。オイラがウルウルするのもカッコ悪いんですが。
<< トム・ハンクスじゃないターミナル。 個人的には劇ヤバの部類。 >>