グルメな話。
c0022340_1254778.jpg
入院は、5月6日9:45から5月25日13:30まで。平均的食事時間は、朝7:30~、昼12:00~、夕18:00~。食事機会、52回。うち治療の関係で19回を奪われる。おやつが1回。全部写真撮るつもりだったけど、弟夫婦が来てたときだけ、兄の威厳を保つため、こんな趣味を見せるべきではないと自己規制かける。重湯とか5分粥とか美味しくなかったけど、退院の日の朝のグラタンとか、昼のホイル焼きとかは機内食並みに食べれた。
剃毛に手こずった日の昼、なんてことかうどんだった。剃毛で打ちひしがれてベッドに戻ると、テーブルに置かれていたうどんがドロドロになっていた。泣きたくなった。
退院の日の領収書見ると、食事負担金は10,920円だった。1食350円くらい?高級な差額ベッドの人たちは、どんなもの食べてたんだろ?
by sadigah | 2005-06-15 12:15 | 闘病記 | Comments(4)
Commented by Monta at 2005-06-16 00:39 x
圧巻!アートな感じですね。でも根気のいる作業・・・
これはカレンダーなんですね。
Commented by sadigah at 2005-06-17 18:15
入院中の楽しみの一つでしたね。可愛い看護師アルバムを作る勇気があれば、退院延ばしてたと思います。
Commented by ひまわり2 at 2005-06-18 03:56 x
私も入院食思い出しました。術後のおかゆを母親に食べてもらっているところを看護婦さんに見つかりました。おかゆ嫌いだから。あと手術前日、食べられない食事(さばのおかず)で、おなかすかして、手術にのぞんんだの思い出しました。病院食もおいしいと感じたんですが。
Commented by sadigah at 2005-06-18 09:21
ひまわり2さん、労働者階級の私は、味付けあと少しってとこでした。
食事、これからいろいろ食べてもいいってとこで、退院しちゃったので、次回の入院に楽しみ持ち越しです。
<< $500席。 交流戦1位。から野次馬新聞化し... >>