<   2009年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
寂寥感。
c0022340_23291057.jpg
同じ課の大先輩が定年を迎えられての送別会。何で年齢での区切りがあるんだろ、って、いろんな定年のお別れ経験したけど。そんなこと初めて思った。
最後の挨拶で言われたこと、そして、口に出さなくて心にあるものもあるのかな~。しんみり。
勤め先、今年創業140年なんだけど、入社されたときは創業2ケタだったって。そして、入社された年にオイラ生まれてた。って、これはもう今の若い社員の生まれる前から働いてるオイラ、ってのと同じだけど。
送別品の希望は、ファーバーカステルの色鉛筆。スケッチ旅行とかやりたいんだって。
テニスにゴルフに野球に、スケッチ。カッコイイぜ。ついでに、奥さんは美容部員。も~。あ~、もっと仕事含めて思い出作っとくんだった。
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

って、引継ぎで3月はいっても会うんだけど。
昨夜は、気が抜けちゃってタイトルだけで寝ちゃったけど、今日、携帯に心配メールが来てしまったよ。ご心配おかけして申し訳ありませんでした。
by sadigah | 2009-02-26 22:31 | つぶやき | Comments(2)
件名 心地よい疲れ。
c0022340_22412159.jpg
今日、久しぶりに大入りの商い。不況下、厳しい企業に、一瞬の明かりが灯った感。
従業員達が、下向いてたのが、イケイケな感じになったような。
明日からもガンバローって気持ちで、帰りの電車の中です。

本当に、お客様に感謝。そして、改めて自社好き再認識。トホホ。画像ドロ元。
by sadigah | 2009-02-24 22:41 | つぶやき | Comments(0)
AW合宿~Antichi
c0022340_22244639.jpg
c0022340_22245270.jpg
c0022340_2225075.jpg
c0022340_2225751.jpg
c0022340_2225148.jpg
c0022340_22252081.jpg
c0022340_22252675.jpg
c0022340_22253210.jpg
c0022340_22253894.jpg
c0022340_22254530.jpg
c0022340_22255186.jpg
c0022340_2226374.jpg
c0022340_222610100.jpg
c0022340_22261723.jpg
c0022340_2226534.jpg
c0022340_22265992.jpg
c0022340_2227710.jpg
c0022340_22271345.jpg
c0022340_22272049.jpg
c0022340_22272678.jpg
c0022340_22273228.jpg
c0022340_22273846.jpg
c0022340_22274419.jpg
c0022340_22275235.jpg
c0022340_22275812.jpg
c0022340_2228459.jpg
c0022340_22281013.jpg
c0022340_22281618.jpg
c0022340_22282313.jpg
c0022340_22282941.jpg
c0022340_22283557.jpg
c0022340_2249070.jpg
c0022340_2249712.jpg
c0022340_2249157.jpg
c0022340_22492399.jpg
c0022340_22492943.jpg
c0022340_22493610.jpg
c0022340_22494392.jpg
c0022340_22495099.jpg
c0022340_22495725.jpg
c0022340_2250558.jpg
c0022340_22501360.jpg
c0022340_22502095.jpg
c0022340_22502834.jpg
c0022340_22504255.jpg
c0022340_22505836.jpg
c0022340_22511119.jpg
c0022340_22511839.jpg
c0022340_2251252.jpg
c0022340_23213734.jpg
c0022340_23214661.jpg
c0022340_23215362.jpg
c0022340_2322111.jpg
c0022340_2322862.jpg
c0022340_23221484.jpg
c0022340_232221100.jpg
c0022340_23222857.jpg
c0022340_23223599.jpg
c0022340_23224263.jpg
c0022340_23224888.jpg

c0022340_23225891.jpgc0022340_2323991.jpgc0022340_23231878.jpgc0022340_23232748.jpgc0022340_23233688.jpgc0022340_23234515.jpg
c0022340_23235540.jpgc0022340_2324848.jpgc0022340_23241615.jpgc0022340_23242922.jpgc0022340_23243950.jpg
c0022340_2325418.jpg
c0022340_23251178.jpg
c0022340_23252181.jpg
c0022340_23252769.jpg
c0022340_2325341.jpg
c0022340_23254064.jpg
c0022340_23254758.jpg
c0022340_23255491.jpg
c0022340_2326195.jpg
c0022340_2326852.jpg
c0022340_23261588.jpg
c0022340_23262197.jpg
c0022340_23262855.jpg
c0022340_23555769.jpg
c0022340_2356420.jpg
c0022340_2356113.jpg
c0022340_23561822.jpg
c0022340_2356251.jpg
c0022340_23563215.jpg
c0022340_23563859.jpg
c0022340_23564431.jpg
c0022340_23565148.jpg
c0022340_23565779.jpg
c0022340_2357534.jpg
c0022340_23571248.jpg
c0022340_23571851.jpg
c0022340_23572467.jpg
c0022340_23573533.jpg
c0022340_23574225.jpg
c0022340_23574979.jpg
c0022340_2357589.jpg
c0022340_2358496.jpg
c0022340_23581249.jpg
c0022340_23581974.jpg
c0022340_23582641.jpg
c0022340_23583339.jpg
c0022340_013217.jpg
c0022340_0132929.jpg
c0022340_0133658.jpg
c0022340_0134322.jpg

c0022340_0135491.jpgc0022340_014292.jpgc0022340_0141173.jpgc0022340_0141970.jpg
c0022340_0142848.jpg
c0022340_0143642.jpg
c0022340_0144263.jpg
c0022340_0144879.jpg
c0022340_034224.jpg
c0022340_034857.jpg
c0022340_0341568.jpg
c0022340_03423100.jpg
c0022340_0343456.jpg
c0022340_0344373.jpg
c0022340_034505.jpg
c0022340_0345897.jpg
c0022340_035473.jpg
c0022340_0351160.jpg
c0022340_035181.jpg
c0022340_0352875.jpg
c0022340_0353481.jpg
c0022340_0354125.jpg
c0022340_0354842.jpg
c0022340_0355534.jpg
c0022340_036275.jpg
c0022340_036972.jpg
c0022340_0361637.jpg
c0022340_0362399.jpg
c0022340_0363069.jpg
c0022340_0363750.jpg

by sadigah | 2009-02-22 22:29 | 国内のどこか | Comments(7)
Flagつきました。
c0022340_14294145.jpg
c0022340_16391233.jpg

by sadigah | 2009-02-20 14:29 | その他の日本のマラソン | Comments(0)
早く観たいっ。
c0022340_1103961.jpg
今日、有楽町のガード下のラックに陳列のが見えて。
c0022340_12105256.jpg
遂にキタ~~~~ッと。この日から1年。早いのか遅いのか。遅いっ!けど、来たから許す。
去年の夏、NJへ観に行こうか悩んで、結局行かなかった、のから半年。早いのか遅いのか。遅いっ!けど、来たから許す(くど~い)。で、会社で早速検索したら、超、超、U2ファンにはたまらない紹介文にあたる。以下、ココの全文コピペ。

2007年の<カンヌ国際映画祭>でも話題となった、U2の3Dコンサートフィルム『U23D』の日本公開が決定した。

照明をおとしたスタジアム。モノクロームの静寂が突如、破られる。逆照明からまばゆいばかりのカラーへ。ラリーのハイハットがカウントを刻む。ジ・エッジのギター、拳を突き上げるボノ…。そして沸きあがるファンの歓声、黄金に輝く超満員のスタジアムが大波のように揺れると同時に、観客は1時間25分のパワフルな魂の旅へと誘われる。

世界的なロックバンドであり、デビュー以来変わらないストレートで愚直な姿勢を貫くU2。その政治的な信条と愛を力強く歌い上げる作風、メンバーの強い絆、新しいテクノロジーを駆使したライヴの圧倒的迫力など、彼らという存在、そして彼らの楽曲が放つメッセージ性、そして眩いほどのエナジーは、人々を魅了してやまない。ロックバンドとしては最多のグラミー賞獲得数22という、彼らの活動に対する評価のほんの一面を見るだけでもこのことは明らかだろう。

そんなU2の2006年の<ヴァーティゴ・ツアー>を、最新のデジタル3D技術と5.1chサラウンドでとらえ、2007年の<カンヌ国際映画祭>でも話題となり世界20カ国以上で上映されたコンサートフィルム『U23D』が、ついに2009年3月、日本公開される。

観客がステージ上のボノの伸ばした手に触れられそうな程の密着感があり、どんな高価なSS席でも絶対にあり得ない、まさにライヴを超えたライヴ。U2と同じステージに乗っているかのような感覚を体感できるこの映像は、世界トップクラスの先進3Dテクノロジーを持つ3ality Digitalの最高責任者サンフォード・R・クライマンが製作総指揮。さらに、長年U2のコンサート・ツアーでヴィジュアル・コンテンツの監督を務めてきたキャサリン・オーウェンズと、U2の代表曲「ワン」のビデオ・クリップのディレクターを務め、『隣人は静かに笑う』『プロフェシー』の監督としても知られるマーク・ペリントンが監督を務めた。

製作スタッフは、U2の<ヴァーティゴ・ツアー>に同行し、メキシコ、ブラジル、チリ、アルゼンチンの南米4カ国で行なわれたライヴ(各会場で8万人以上を動員)を、総計100時間以上3D映像で撮影。映像には「ヴァーティゴ」「プライド」「ニュー・イヤーズ・デイ」「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」など、U2の代表作14曲を収録し、これまで体験したことがないほどにダイナミックでエキサイティングな作品に仕上がっている。

なおこの映画の収録には、最新3D技術のほか、18台のソニーF950Cine AltaデジタルカメラとSRレコーディング・デッキ、大量の光ファイバー・ケーブルを用意、総勢140人ものスタッフが動員された。コンサートに来たファンの妨げにならないように、2月15、16日のメキシコ・シティと20、21日のサンパウロでは中距離の撮影を、サンティエゴではドラマー、ラリー・マレンのスティックさばきと観客のアクションを撮影。さらに、映像をもっとクオリティーの高いものにするため、カメラをステージ上に据えてメンバーたちの親近感あるクローズアップを撮影したいと “聴衆のいない場での撮影” を希望。ボノはそのスタッフたちの熱い要求を聞き入れ、公演の前夜にカメラ撮影だけのためにメンバーが10曲を演奏するという信じられない奇跡が実現した。そんな夢のような映像作品だ。

ボノが手を差し伸べてあなたをステージに誘う…。U2のコンサートに何度も参加したことのあるファンですら、初めて味わう奇跡の映像と臨場感、興奮を約束する映画『U23D』。これは単なるコンサートフィルムでもライヴの最前列からの映像でもない。

観客をスタジアムコンサートの躍動するエネルギーのるつぼに放り込む、全く新しい体験であり、U2からの熱いラヴレターなのだ。

【映画『U23D』】
配給:ナショナル・ジオグラフィック・エンターテイメント/さらい
3月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー!
(c) National Geographic


う~ん、ヤバ過ぎ。
by sadigah | 2009-02-19 12:11 | 音楽モノ | Comments(2)
本屋愛。
c0022340_23574171.jpg月曜か火曜、会社近くの本屋へ行くと、閉まってる。仕方ないので、別の本屋へ。階段あがったところで、たまに惹かれる特集やってる。
小学生のとき図書室のアルセーヌルパン。中学生のとき星新一。高校生のとき雑誌。で、大学生のときバイト先の先輩に、『さらば国分寺書店のオババ』を薦められて読んだ衝撃。
行きたいけど、この日は行けない。チッ。
しかし、読書歴にグレートノベル系の系譜がないのは、素養不足の今をみるに、大変な失敗を犯してしまったんだな~、と反省してる。
c0022340_2358236.jpgで、今日、大きい本屋のほうへ、週末の予習本を探しに行くが、一冊も見つからず。わざわざ出向くのに直感だけで大丈夫かな。
で、ついでに店内グルグルしてると、コレいいじゃんと思った宿が表紙の雑誌発見。誌面パラパラすると、やっぱりそそられるな。
画像ドロにとググルと、目次のとこのNYの店舗の記事、読みた~い、となる。近日中に再訪して立ち読みだ。店名は聞いたことあるけど入ったことないな~。立ち読みしたら行きたくなるかな。
コレは、コレが取り上げられてなくってガッカリ。
だけど、本屋さんってやっぱり楽しすぎ。アメト--ク、家電芸人のつぎに本屋芸人とかやってくんないかな。って、ナゼにお笑いで。
by sadigah | 2009-02-19 00:01 | 活字モノ | Comments(5)
カッコ悪い。
c0022340_119482.jpg結果的には、頭は平気だった。
9:18 病院到着。
通路で、朝刊の『ごっくん』の記事、あまりに気合入れて読みすぎたのか、めまいの兆候が。あわてて、遠くを見る。最近、この技を覚えたので、重症のめまいを回避できている。いいのか、悪いのか。
9:45 頭部のCT。いつものCTの機械で、頭だけくぐらせる。機械に入る前の注意で、目を閉じろ、と。機械が、小刻みに動いてる感じ。輪切り?光は一切感じなかった。グイーン、って唸ってる機械、どういう状態なんだろ。目を閉じて光を感じない闇の世界。
10:00 採血。
その後、外科で診察表出して、通路のソファで待機。突然、いよいよ感が襲ってくる。初めて。昨日、ネットで『脳 めまい』でググってたときも、この感情はなかったのに。
順番待ち、オイラの前間隔あいてないか、とか不安が増してくる。と、別の人が呼ばれる。ホッ。
中から聞こえる看護師さん同士の会話。Aさん-ハギワラさん・・・、Bさん-午後・・・、エッ、午後に入院?なんてドキドキする。心臓のバクバクが早く大きくなる。でも、結局、違うハギワラさんだったみたい。
又、インターバル長くねぇ?通路で待機のメンツからいって次はオイラなんだけど。
10:45 中へ。そして、カーテンの中のT先生に呼ばれる。

採血の結果の説明。白血球、貧血の原因となる数値とも平常値です、と。次に、CTの画像を見せてもらいながら説明を受ける。これが眼球です、から。心配ないでしょう、と。ゆがんだとこも無く、ヘンなものも写ってなく、左右対称になってますし、まず問題ないでしょう、と。フ~ッ。めまいの原因は、脳じゃないでしょうと。
風邪で高熱出して、先クールの抗がん剤の消化に4週間じゃなくって5週間かけました、と申告。それを、ちゃんとカルテに書いてくれるT先生。こういうので安心感与えられるな。今日からでも飲めますよ、には、休薬をしっかり取ることが大切です、24日から始めましょう、と。ふ~ん、やっぱりきっちり休薬しなくちゃいけないほどの強いクスリなんだ~、と納得させられる。で、次回の予約をして、ありがとうございました、と部屋を出る。ニコニコってんじゃなくって、ホッとした感じ。めまいの検査、別のとこでやってみようかな。

11:00 会計。初診・再診料 336、医学管理 1,461、検査 1,875、画像診断 4,260、院外処方箋料 399、調整金額 -1、計8,330円。 薬 34,760円。

ひととき欄の投稿。亡くなった父親への想い。
同僚の小6の息子が慶應に合格。250万入金也と。大変だな~。オイラ、受験に合格して進学したの、その当時は自分の偏差値と受験校のマッチが上手くいったから、と思ってたけど、そういうの可能にしてくれてたのが親なんだな~。本当にバカだったよ。自分だけで進学できたと思ってた。同世代の同僚達の親としての活躍が眩しい。自分は本当に半人前以下だな~、と。
ひととき欄読んで、9~17に戻りたくなる。母親の闘病のときのオイラの年。オイラの闘病なんて比べものにならない。って、今わかっても。あ~、支離滅裂。何て書けばいいんだろ、まとまんない。

ホント、闘病って厄介。カッコ悪いこと、また書いちゃったよ。
by sadigah | 2009-02-18 01:21 | 闘病記 | Comments(2)
今季8戦目。
c0022340_22425896.jpg
風邪で41℃を経験した後、6日間の戦力外通告自宅待機でダラダラしてて今回無理かな~と思ったけど、抗がん剤のクール終了とあと2,3の個人的気持ちの変化で、走れるかも、と。
だけど、甘くない。金、土と練習に出るも、15分とか18分とか16分走ったところで辛くなって道路にしゃがみこむ始末。本当、期待と不安で出かける。
43回目だって。こんな歴史のある大会はNYC以外走ったことない。あと、青梅に会社の関連施設があって、そこで着替えとかできるのもいい感じ。遠かったけど。
最近のレースでお約束の後ろ目スタートで、スタートまで9分。2kまでも、止まったり歩いたりの大渋滞。
6分イーブンで3時間っての、走れればで目指してたけど、その後も、給水渋滞とかトイレ立ち寄りしたり、あと、山あいの起伏にやられる(とくに21k~22k)。
だけど、走れるかな~と思ったけど、走れた。成績は、会社で7名参加して7番目だったけど、ラスト1kが一番いいラップに出来たし、これからも体調に気をつけて頑張ろう、な一日だった。
来年も参加したいかも。
そういえば、好天で飛ばしすぎちゃったのか、青梅の山道特有なのか、人多すぎの接触なのか、転倒する人との遭遇率高かかった。あと、担架に乗ってる人も。大事になってないといいけど、自分も気をつけなきゃな~、と。マジ、これ大切なことだよな。
c0022340_23281388.jpgc0022340_23282287.jpg走ってないな~。トホホ。
by sadigah | 2009-02-15 22:43 | その他の日本のマラソン | Comments(3)
“2009-A Year of Giving”Lunch と。
c0022340_20434644.jpg
c0022340_20435461.jpg
c0022340_2044065.jpg
c0022340_2044725.jpg
c0022340_20441586.jpg
バターが1番だったオイラって。
c0022340_20442171.jpg
どんどん足してくれるパンでお腹一杯になったような。
c0022340_20442881.jpg
c0022340_20443579.jpg
同伴者のチョイス。
c0022340_2044425.jpg
じゃ、オイラはこっちと。
c0022340_20444861.jpg
c0022340_20445562.jpg
・・・。
読んではベンキョーさせていただいてるブログのこの日を読んで、行きたくなったトコ。
直通のEVで一緒になったお客様へ同伴のホテルマンが、店名の由来を説明してるのが聞こえてくる。ビンゴ!だった。やっぱ、さすがだ。
その他ググってて知った、格安ランチの存在。じゃ、夜の前に昼行ってみるか、と、お客様を誘って行ってみた。
昼はこっちサイド、夜は逆サイドが眺めよしですよ、とお店の方。集客のために格安プランを、って、とっても素直に説明してくれたり。
香港のは、前々回の大昔の香港で一番行きたいとこだったけど、結局行けなかったけど、トーキョーとどうなんだろ。昼間は、あんまり店内を眺める気にならなかったけど、達人の読んで期待してる。しかし、大昔も今も、店名の由来なんて考えたことなかったな。
c0022340_2045330.jpg
c0022340_2045915.jpg
c0022340_2045169.jpg
夜、やっぱりお腹すいてきちゃって、事務所ヨコで食べて帰る。殆ど同じ値段だけど、こっちは本当にお腹一杯になる。昼のは、接客の方の言ってた通りやっぱり集客目的のお試しなんだな。
因みに、
2 LN 2009            4018
1 Evian 1L            1500
1 C Coffee            700
1 C Darjeeling Tea      700
Subtotal . . . . . . .    6918
10% Service Chg       691
Amount Due         7609
(Inclusive Tax)        362
お客様とコーヒーは幾らだろ、とやったのよりは低かったけど、水はね、タップウォーターあるのかしらん、なんて思ったりしたくなる2009円セットだった。他のメニュー頼んでたら、こんなこと思わなかっただろうに、なんか不思議だ。
by sadigah | 2009-02-13 21:14 | つぶやき | Comments(0)
夕方から夕刊まで北づくし。
c0022340_2116798.jpg
c0022340_21171535.jpg
夕刊で釣られる。見たい見たい。設営マニアでもあるけれど、この破壊シーンもナマで見たい。
(画像、1枚目2枚目の泥棒元。)
c0022340_21172861.jpg
あと、コレ。画像も合わせて泥棒。こんなイベントあったとは。これも生で見たい。
来年、行けないかな~。
c0022340_2118043.jpg
この日はこの日でキョロキョロだったけど、雪あかり、行きたいな~。
by sadigah | 2009-02-12 21:20 | つぶやき | Comments(0)