カテゴリ:音楽モノ( 58 )
8年ぶりのSONICモノ。~ SONIC MANIA2014。
c0022340_23433982.png
やっぱ、ミドリのとこだよな~。だけど、ググると、ZEDOとかNERVOとかのEDMとかいうジャンルがキテルらしい。
c0022340_23435332.jpg
コストコで、ピザ一切れとペプシをおなかに入れて、会場を目指すと、開場待ちの行列が見えて、焦る。で、チャリを置いて並ぶ。
c0022340_23434072.jpg
c0022340_23441179.jpg
<23時までにご自宅及び宿泊施設へお帰り下さい>って。
c0022340_23444100.jpg
c0022340_23442366.jpg
ここは、ソニマニ仕様にはしないのだな、と、後で気付いた。
c0022340_2344433.jpg
3Dメガネを並んでもらって会場へ。どこがミドリのとこかわからなかったけど、なんとか、ここだと。
c0022340_2344957.jpg
22:00まで、こうしてるのか。
c0022340_23441074.jpg
c0022340_23444299.jpg
水分補給用のポカリを調達。入口で徴収された500円で渡されたチケットで900ccのペットボトルになった。
c0022340_23442215.jpg
c0022340_23445535.jpg
c0022340_23443661.jpg
c0022340_23444234.jpg
c0022340_23445287.jpg
c0022340_23451279.jpg
c0022340_23445971.jpg
c0022340_2345757.jpg
c0022340_23451169.jpg
KRAFTWERKをナマで見られるとは。3Dメガネの効果抜群。途中のオピー風の風景も曲に合ってた。FUKUSHIMAは、ニッポンで有名な地名の最上位の一つになったんだな~。
c0022340_23451928.jpg
c0022340_23452244.jpg
このドラマで使われてるのがカッコ良くて名前覚えたバンド。人気だった。KRAFTWERKよりも混んでた。
c0022340_23452922.jpg
c0022340_2345331.jpg
で、浮気せずに同じポジションでの3つ目。凄かった。混み方もギチギチだったけど、その中にいられたのが思い出になるな。この年の、KASABIAN-WEEZER-OASISの流れも、全然覚えてるけど、またしてもKASABIANにやられる。ライブっていいな。
c0022340_23454043.jpg
もうおなか一杯、ってので、移動してみる。NERVO。DJだったのか。後ろの方は、スカスカでこれはこれで気持ちのいいもんなんだな、と。あたりに寝転がってる人たち多し。
c0022340_23454473.jpg
で、MOGWAI。難解。これも、後ろの方は、座ったり横になってたり。で、も、いいな、と会場を出る。
c0022340_23455279.jpg
帰りにすき家。ワンオペって状態みたいだった。いつもと違う時間帯だから見えることってあるんだな~、と思いながら帰って、シャワーして、昼まで寝る。
c0022340_23455518.jpg
この時の、状態。
c0022340_234632.jpg
今日の状態。ソニマニでギチギチの中で、廻りがジャンプすると、真っ先に踏まれないようにって身構えてた。次回は、安全靴だと安心かも。
ソニマニ、楽しかった。
c0022340_2140271.jpg
あと、午前中に走ってて、やっぱり暑くて途中で切り上げちゃったけど、なんかカラダが熱っぽい気がしないでもなくて、また、この日みたいになっちゃうんじゃないか、という恐れも少々。パンパンの会場でそういう不祥事は避けたいものだ、と思いながら、ポカリのボトルを額やワキの下に当てたり、ゆっくり呼吸とか、チビチビ水分補給とかで、何とか乗り切ったソニマニでもあった。

SUMMER SONIC 2005。

SUMMER SONIC 2006。
by sadigah | 2014-08-17 21:42 | 音楽モノ | Comments(0)
早く聴きたい。~ Spider-Man Turn Off The Dark
c0022340_21102770.jpg
c0022340_2110409.jpg
JWAVEで喋ってた。
by sadigah | 2010-12-01 21:12 | 音楽モノ | Comments(4)
たまに真剣に妄想すると止まらなくなる。
c0022340_1835611.jpg
みん経で、この新しいスタジアムのこと知る。で、リンク先クリックでぶっ飛ぶ。
U2のライブやるんじゃん。2011年7月20日。全然、行けないのは理解してるけど、行きたいな~。9万人とか10万人のUSの屋根なしのライブってどんなんだろ。ニッポン、屋内でこのコーフンだから、本当に本当に行けたら。
by sadigah | 2010-09-07 18:53 | 音楽モノ | Comments(0)
一緒の空間にいたという感じ。聞くとか見るとかじゃなく。~Oasis
c0022340_0482826.jpg
c0022340_0483361.jpg
c0022340_0483842.jpg
c0022340_0484324.jpg
c0022340_0484971.jpg
c0022340_0485456.jpg
c0022340_049195.jpg
c0022340_049551.jpg
c0022340_0491226.jpg
c0022340_0491872.jpg
c0022340_0492451.jpg
c0022340_0493640.jpg

by sadigah | 2009-03-29 00:50 | 音楽モノ | Comments(0)
U23DとかU2 360° Tourとか。
c0022340_11584582.jpg25:10~@新宿。
c0022340_1159263.jpg
昼間、取引先の近くで11:30。早メシ、と思って、久しぶりの店へ。
明石町に通ってた頃にちょくちょく行ってた。あるときメニューにラーメンが。食べてみたら激ウマ。で、店の前のメニューボードにラーメンがあったら必ず入ってた。だけど、手間がかかるというので短期間で消滅。あれから7,8年か。
で、店に入る前にメニュー眺めたら、『限定10食』でそのラーメンがあったよ!あ~、こんな携帯で撮るのは失礼なんだけど。
だけど、久しぶりの再会。期待値が大き過ぎた。美味しいんだけど、期待しすぎた。c0022340_11591718.jpg来週末。
c0022340_11594032.jpg
で、自宅に戻って、クルマで出かけてく。新宿、ってので、頭がまたラーメンで一杯になる。
新宿行くの決めたの夕方だったんで、早速、昼メシとラーメンかぶりじゃん、と反省。ま、好きなもんだからしょうがないけど。
同じ路地に2店舗あってオイラ的入りやすい方に向うと、スパゲッティ屋さんになってる。と、数軒先に看板が出てた。移ってた。で、入ると、キレイになっちゃったな~、と。
c0022340_121849.jpg
ターロー、いただきます。
c0022340_1202199.jpg
ギョーザなんかあったっけ。
c0022340_1221142.jpg
初めての映画館、これまたキレイ。オイラがチケット買うとき全席空いてた。人気ないんですか、と訊くと、時間が遅いので、と。新宿でもそうなんだな~、と、これまたヘンな期待してたかも。
c0022340_1222849.jpg
3Dといえば、昔から付き物だな。この先、とてつもない技術革新を見ること、生きてる間にあるのかな。
c0022340_123128.jpg
c0022340_123715.jpg
c0022340_1231379.jpg

同じメガネでも確実に映像は進化してた。俯瞰のドラム、サングラス越しのボノの表情。この日の見え方とは全然違う。だけど、音は、さすがに大きいんだけど小さく感じる。結局、観客二人だったけど、アリーナの特等席で参加してる感、座りながらもズンズンと。
だけど、これも期待値かな~。すぐ二回目行きたくなると思ってたけど、とりあえずすぐでなくていいかな。こっちの方かな、どっちかと言うと、ってまた昔が輝いて見えるってのは年取った証拠だな、ヤバイヤバイ。
数日前にメールで知った。ニッポン、いつ来るんだろ。ロンドン行っちゃおうかな~。
c0022340_1233358.jpg
クルマ置いてた駐車場に留まってた。
by sadigah | 2009-03-14 12:11 | 音楽モノ | Comments(0)
早く観たいっ。
c0022340_1103961.jpg
今日、有楽町のガード下のラックに陳列のが見えて。
c0022340_12105256.jpg
遂にキタ~~~~ッと。この日から1年。早いのか遅いのか。遅いっ!けど、来たから許す。
去年の夏、NJへ観に行こうか悩んで、結局行かなかった、のから半年。早いのか遅いのか。遅いっ!けど、来たから許す(くど~い)。で、会社で早速検索したら、超、超、U2ファンにはたまらない紹介文にあたる。以下、ココの全文コピペ。

2007年の<カンヌ国際映画祭>でも話題となった、U2の3Dコンサートフィルム『U23D』の日本公開が決定した。

照明をおとしたスタジアム。モノクロームの静寂が突如、破られる。逆照明からまばゆいばかりのカラーへ。ラリーのハイハットがカウントを刻む。ジ・エッジのギター、拳を突き上げるボノ…。そして沸きあがるファンの歓声、黄金に輝く超満員のスタジアムが大波のように揺れると同時に、観客は1時間25分のパワフルな魂の旅へと誘われる。

世界的なロックバンドであり、デビュー以来変わらないストレートで愚直な姿勢を貫くU2。その政治的な信条と愛を力強く歌い上げる作風、メンバーの強い絆、新しいテクノロジーを駆使したライヴの圧倒的迫力など、彼らという存在、そして彼らの楽曲が放つメッセージ性、そして眩いほどのエナジーは、人々を魅了してやまない。ロックバンドとしては最多のグラミー賞獲得数22という、彼らの活動に対する評価のほんの一面を見るだけでもこのことは明らかだろう。

そんなU2の2006年の<ヴァーティゴ・ツアー>を、最新のデジタル3D技術と5.1chサラウンドでとらえ、2007年の<カンヌ国際映画祭>でも話題となり世界20カ国以上で上映されたコンサートフィルム『U23D』が、ついに2009年3月、日本公開される。

観客がステージ上のボノの伸ばした手に触れられそうな程の密着感があり、どんな高価なSS席でも絶対にあり得ない、まさにライヴを超えたライヴ。U2と同じステージに乗っているかのような感覚を体感できるこの映像は、世界トップクラスの先進3Dテクノロジーを持つ3ality Digitalの最高責任者サンフォード・R・クライマンが製作総指揮。さらに、長年U2のコンサート・ツアーでヴィジュアル・コンテンツの監督を務めてきたキャサリン・オーウェンズと、U2の代表曲「ワン」のビデオ・クリップのディレクターを務め、『隣人は静かに笑う』『プロフェシー』の監督としても知られるマーク・ペリントンが監督を務めた。

製作スタッフは、U2の<ヴァーティゴ・ツアー>に同行し、メキシコ、ブラジル、チリ、アルゼンチンの南米4カ国で行なわれたライヴ(各会場で8万人以上を動員)を、総計100時間以上3D映像で撮影。映像には「ヴァーティゴ」「プライド」「ニュー・イヤーズ・デイ」「ホエア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネイム(約束の地)」など、U2の代表作14曲を収録し、これまで体験したことがないほどにダイナミックでエキサイティングな作品に仕上がっている。

なおこの映画の収録には、最新3D技術のほか、18台のソニーF950Cine AltaデジタルカメラとSRレコーディング・デッキ、大量の光ファイバー・ケーブルを用意、総勢140人ものスタッフが動員された。コンサートに来たファンの妨げにならないように、2月15、16日のメキシコ・シティと20、21日のサンパウロでは中距離の撮影を、サンティエゴではドラマー、ラリー・マレンのスティックさばきと観客のアクションを撮影。さらに、映像をもっとクオリティーの高いものにするため、カメラをステージ上に据えてメンバーたちの親近感あるクローズアップを撮影したいと “聴衆のいない場での撮影” を希望。ボノはそのスタッフたちの熱い要求を聞き入れ、公演の前夜にカメラ撮影だけのためにメンバーが10曲を演奏するという信じられない奇跡が実現した。そんな夢のような映像作品だ。

ボノが手を差し伸べてあなたをステージに誘う…。U2のコンサートに何度も参加したことのあるファンですら、初めて味わう奇跡の映像と臨場感、興奮を約束する映画『U23D』。これは単なるコンサートフィルムでもライヴの最前列からの映像でもない。

観客をスタジアムコンサートの躍動するエネルギーのるつぼに放り込む、全く新しい体験であり、U2からの熱いラヴレターなのだ。

【映画『U23D』】
配給:ナショナル・ジオグラフィック・エンターテイメント/さらい
3月7日(土)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー!
(c) National Geographic


う~ん、ヤバ過ぎ。
by sadigah | 2009-02-19 12:11 | 音楽モノ | Comments(2)
好きになるまで時間がかかりそうだ。
c0022340_23335277.jpg
帰りのこと考えてクルマ出勤。パーキングに入れたあと、歩道で上を向いてる人の視線を辿ると、作業中だった。
c0022340_23335843.jpg
c0022340_2334576.jpg
c0022340_23341383.jpg
このフレーズは初めて知った。勤務先をいじってくれた人の企画展。オイラも白好き。
地下の展示が面白かった。3つあるうち、1つ準備中だったけど、また行けばいいか。
c0022340_23463141.jpg
c0022340_23463719.jpg
c0022340_23341996.jpg
で、近所でやってる展覧会へはしご。アサヒで出てて見たくなったやつ。原さんのは、マンガ買った本屋のレジに置いてあったtokyo art mapとかいうのに出てて行かねば、となってだった。
上2つの画像はココから泥棒。実際は映像なんだけど、置いてあるイスに腰掛けて見るより、離れて見たほうが、よく見えた。近くで細部見る作品じゃない感じ。これも、会期中に時間あえばまた眺めに行きたい。
c0022340_23342694.jpg
で、本日のメインイベント。名前だけ知ってて、曲殆ど知らない。でも、信奉者のブログナナメ読みしてたら、オイラものめりこむはずと思った。けど、、、トホホ。IQ高過ぎ。今日の昼間、ライブ前に聴けないけど、とりあえずCD買って、帰りのクルマの中、今も部屋に流してるけど。トホホ。そのうち、馴染んでくるよね、きっと。
好きになるまで時間がかかりそうだ。って、別に、好きになれないままでもいいんだけどさ。でも、悔しいぞ。
by sadigah | 2008-10-08 00:08 | 音楽モノ | Comments(2)
さ、週末だ~。
c0022340_0302049.jpg
なんかショボイな~、と思った。
c0022340_030319.jpg
初めての会場。
c0022340_0304058.jpg
ステージは近い感じだけど、座って、ってのがイマイチな気もするが、オイラは疲れてるので助かったのかも。
c0022340_0305085.jpg
次回に期待。

今週、5日連続で、7:01か7:02に会社に入ってた。く~、疲れた。
今日も、サクッとあがろうとしたら、お得意様からの依頼。それでも、18:00に会社を出る。
なんか、違ったな~。ショックだった。
1番2番3番に較べて4番目だな。オイラの体調が良くないせいじゃないと思う。会場で、ずっと座って聞いてたのもあるかもしれないけど。でもな~。
コンサート終わって、タクシーで会社まで行って、お得意様の注文こなして、今週のお仕事終了。お疲れ様でした。
よい週末を。
by sadigah | 2008-07-12 00:35 | 音楽モノ | Comments(0)
5月9日。音楽デー。
c0022340_23383082.jpg
遂にナマ体験。
この日チケット取れなかったけどヤフオクで入手して。会社帰りに行ったけど、ネクタイ姿の中年オヤジなんて数人しかいない感じ。多分年齢、オイラの半分以下の子たちが殆どに見えてしまう。そんな場違い感も、この曲でステージ始まるとどうでもよくなる。
スタイル良くって、ダンスの可愛さ。とくにやられたのが長い腕の動き。これ発見しただけでもお金払った価値アリ。ミューズだな~と思う。オイラの中学時代とかにこういう子が学年にいたら、ゼッタイに超高嶺の花で世界が違うって感じ。とか、本人の動きというか絵を見ていたいってアーチスト、オイラの中では彼女くらいかな~。とか、なんてことを思いながら見てるのもアレだけど、ライブのDVD出たらゼッタイ買うな。
この曲の出だし2回間違えて土下座したとこなんて。
あ、この映像の番組見てたけど、オジサン、オバサンにもファン多いのねやっぱ。ホッ。
画像はココから泥棒。
c0022340_23384022.jpg
会場の市川から帰ったら、この番組に間に合った。
この局、彼女を取り上げること多くないか、とも思うが、この番組もヨカッタ。号泣したよ。
オイラが、未来のオイラに手紙出すとしたら、どんなんだろ。
画像はココのどっかから泥棒。
by sadigah | 2008-05-11 23:41 | 音楽モノ | Comments(0)
やっぱ人気あるんだな~。ガックシ。
c0022340_19563428.jpgc0022340_19564135.jpg
6:00台 あ、電話番号メモってなかった。とHPを見直そうとすると、保守中表示。ゲッ。
7:05 HPから電話番号入手。
8:10 電車出発。
10:07 催事スタート後、最初の電話。混んでる、繋いでやんないよのガイダンス。
10:25   〃
11:20 繋がったけど、発信元表示じゃないと、繋いでやんないよのガイダンス。チッ、ホテル内の公衆電話から電話してたよ。そういうルールだなんて知らなかった。トホホ。
11:22 携帯から電話。長々とアナウンスのあと、0509#押すと、売り切れてるよ(とっくに、バ~カ)のアナウンス。終わった。
行きたかったな~。ヤフオクかな~。よりによって仕事だなんて。しかし、これも、随分前から先行予約とかあったみたい。本当にオイラ疎いんだな~。チッ。
昼メシのあと、催事会場の近くのビルの閑散としたロビーで、一人反省した。
ナマで聞きたかったな~
by sadigah | 2008-04-13 19:58 | 音楽モノ | Comments(0)