安らかに。
c0022340_21454456.jpg
c0022340_21455135.jpg
自分史上、最高価格弁当。って、2,300円だけど、こういう弁当フツーに買っちゃう人がいるから商品として成り立ってるんだと思うと、ヨシッて買った自分って。
c0022340_21461429.jpg
c0022340_21462234.jpg
c0022340_21462919.jpg
c0022340_21463721.jpg
c0022340_21464950.jpg
c0022340_21465899.jpg
c0022340_2147515.jpg
c0022340_2147121.jpg
c0022340_21471936.jpg
c0022340_21472939.jpg
c0022340_21473766.jpg
c0022340_21474331.jpg
大好きだったお客様の訃報、返礼の仕事と、電話とメールのやりとりだけで進んだけど、やっぱり事務的だけでは自分で納得できないから。
突然に訪問して、一方的に亡くなった方への思いを喋って、不躾ですけどお墓を教えてと尋ねて、タクシーに乗って、お墓がいっぱいあってわかるかな~と思ったけど、そのときはお寺さんに聞けばいいや、って、でも、お墓を探してるとき、大好きなおばあさま(失礼)とかくれんぼしてるみたいだな~、って思いながら、上へ上へとキョロキョロしながら進んでいくと。
電話口でのお茶目な話しっぷりとか、気持ちのこもったお便りとか。は~、もう無いんだな、って思うと。
c0022340_2148176.jpg
武田ってのが目に付くとこだった。
c0022340_21481597.jpg
石材店の軒先。
c0022340_21482829.jpg
なんか、地に足のついてないようなうたかたな、それでいて、気持ちの中にいっぱい詰め物したような、そんな滞在だった。
by sadigah | 2008-06-07 21:48 | 国内のどこか | Comments(0)
<< 6,825万円渡ってみたいな。 こういうトコがあるのか。 >>