世界と繋がる年1企画、か。
c0022340_2344031.jpg
NYつながりの人を連れまわしてみた。待ち合わせを銀座にしたら、ビートルズの写真展やってて行ってみた。ラジオで言ってた、カラー写真2枚の意味がイマイチわからず出てくる。
c0022340_2345718.jpg
で、シェリーをまた見に行った。
c0022340_2351787.jpg
今日の目的地にやっと到着。しかし、ナゼに銀座待ち合わせだったのか。待ち合わせ場所のバリエーションのない私です。
年1で見ないといけない。天災は、平等に世界で起こってる。人災?は、どうだろう。
そして、「父親の着替えを手伝う少年」と、    のSUSHIが供されてるロンドンのダイヤモンド会社のパーティ。
知らないことがありすぎだ。自分の無知さを強烈に自覚させてくれる年1企画、来年も行くぞ。
c0022340_2353836.jpg
で、また高いトコに登る。写真見た後の、このいかにもニッポンな街並み、結構、思うとこありました。写った瞬間のあとも時間は流れてるわけで、その時間のなかで被写体になってる人やモノって、どう変わったのか?変わってないのか?
って、同行者には、「フン、そんなことちっとも思ってなかったくせに・・・」って思われてるんだろうな。トホホ。
by sadigah | 2006-07-08 23:13 | 国内のどこか | Comments(2)
Commented by まっち at 2006-07-09 09:15 x
僕も毎年見に行きます。そして毎年暗い気持ちになって帰ってきます。もう二度と見たくないものばかり。世界にもっと楽しい写真が増えるといいのにね。
Commented by sadigah at 2006-07-09 12:40
スポーツコーナーのとこの、サハラマラソン。人間ってやつは・・・とか思って見てました。まっちさん、出てみてください。そしたらNYCマラソンみたいに、まっちさんの1年遅れで、私も出てみます。なワケ無いですけど。
<< 四万六千日。 雨宿り。 >>