泣くように出来てる。
今日の朝日の夕刊で、直近の直木賞受賞者の角田光代さんの文章が載っていた。
初めて読む角田さんの文章にやられた。素直な文章でうまいなぁと思った。小説は読まないかもしれないけど。

c0022340_117111.jpgその後、イクスピアリに『ネバーランド』を観に行く。これも朝日の夕刊の評を読んで行きたくなったもの。
だが、・・・。確かに、涙はこぼれた。しかし、それはここを押せば泣くだろ、という公式にのっとってるように感じられ、泣きながらも「ずるいよ、それは。」と思いながら観ていた。
でも、これってやっぱり映画作りがうまいんでしょうね~。うまいんだけど、何か損した感の残る映画でした。

角田さんの素直な表現への感動のほうが大きかったな。
by sadigah | 2005-01-19 01:23 | 映画とか | Comments(0)
<< うまい文章。 このカテゴリを作らなくてはと思... >>