掟破りに思えてならない映画。
c0022340_1341260.jpg自宅に戻って、調子がいいのでランニングしてシャワー浴びて映画へ。久々の気分。
ナンというラスト!衝撃過ぎた。後頭部ガツンッとやられて脳震盪起こしたかと思った。立ち上がれない。
『マーズアタック』を過激にしたやつだな~と思って観てたオイラがバカだった。
しかし、このストーリーはどうかと思うよ。突っ込みどころ満載だし。
映画ならナニしてもいいんだ。って、思うヤツが増えたらスピルバーグの責任は重いと思う。
映画はナニしてもいいんだ。って、もう思っちゃってる人は、このラストどう思ってるんだろ。
NY出てた。『オーシャンズ12』みたく、NYY対BOSの罵り合いはお約束なのね。
あとティム・バートンは、やっぱ愛があるな。
と、ここで、Oさんも観てたよな~と思ってブログ行って、ティム・ロビンス出てたこと書き忘れてたのに気付く。なんであの役が、彼なんだろ?他の人でもいいのに、なんであんな役演るんだろ?ま、いいか。

追記。今朝の朝日に出てたけど、原作があったのね。いじらなかったのか、いじったのか、いじれなかったのか、ま、いいか。
by sadigah | 2005-07-07 01:35 | 映画とか | Comments(2)
Commented by oshi001 at 2005-07-08 00:12
sadigahさんも結構見てますね。
原作は私は見てないのですが、ラストはちょっと物足りなかったです。
でもあれ以外の落とし所も思いつきませんが。
(元気ですか?Oさんに反応して書き込みしてしまいまいた。)
Commented by sadigah at 2005-07-08 23:12
Oさん、元気ですよ。ドモドモです。
『宇宙戦争』、今日の日経MJによると、日立がかな~り食い込んでたみたいです。あと、“前評判を盛り上げつつも敵役だけは「サプライズとして、事前に広告には一切登場させなかった」(UIP)。公開時の新鮮さを失わない戦略にこだわった。”だって。コレにはまんまと、ハマッたな、私。テロ後のメッセージとかもありつつも、映画も立派に、産業としての一面もあるんですね。
しかし、ラスト、納得行かないです!
<< 11月行った時も、使われてるの... 本の日記。 >>