通訳のいる映画。
c0022340_011499.jpg国連が舞台ってことは、NYが舞台ってことだった。映画が始まってやっと気付く。国連なんて、1度しか行ってないし、そのときも全然興味なかったけど、今でもよくわかってない。
友人と観たけど、ストーリーの見解が分かれる場面多々。ってことは、ストーリー掴めてないかも知れないってことで、まったく、自分の読解力のなさを嘆きたくなる。
最後のシーン、クイーンズのGANTRY PLAZA STATE PARKが使われてるけど、去年の独立記念日、ここの桟橋から花火を観た。板張りの桟橋で裸足になって足を投げ出し座り込んで。とても気持ちのいい時間だった。のを思い出した。
by sadigah | 2005-06-07 00:21 | 映画とか | Comments(0)
<< 母の偉業。 ビューティフル・デイ >>