2012北海道マラソン、惨敗の巻。
今年は、とことん惨敗だ~。オイラがゼ~ンブ悪いんだけど。情けない。
宿出た瞬間、暑いじゃん、と。カプセルの空調がオイラ好みでなかったのか、頭も少し。朝メシも食べ過ぎたか。な~んて、ネガティブ情報多過ぎ。ま、走り出せばなんとかなるかな、と思ってたけど。大通公園に向かってランナー大集結の図。ウキウキするけど、マラソンモーニングには天気良過ぎだ~。荷物預けて、このときの宿のトイレ行って、スタート位置にて待機。このときの気分の問題かもだけど、オイラは中島公園の雰囲気のほうが好きだな。会場の放送で29℃と。
だけど、カウントダウンで、一気に気分転換。テレビ塔の時計、<8:59>の次、<  59>ってなって<  58><  57><  56>って。ランナーみんなで手拍子して。<  10><  09><  08>は、声を合わせて。<  00>。ちょうど、テレビ塔が正面だったからか、い~な~、だった。ま、それでも1分くらいは、微動だにしないのだけれど。だけど、1個目の北海道マラソンありがとう。
スタートしての駅前大通。三越のあの応援幕は使いまわしなのかな~。そして、ランナー多過ぎで、廻り見るよりも、周囲のランナーとの接触を避けなくっちゃ、というほうに神経が行ってて楽しめず。川内クンだったらよく見えたんだろうな~。っつか、オイラは、あの通り、あまり歩かないし、社員旅行でみんなでボッタクリにあった悪い思い出もありで、中島公園ヨコに来たときには、ホッとしたりしてた。
5k、10kとカラダ重いな~。9kのトンネル内の位置おかしかったよな。コースの歩道側とは反対の中央分離帯側を走ってたけど、歩道側がにぎやかなので見てみると、内藤大介だった。しばらくペースあわせて中央側を走る。元世界チャンプへの声援のおすそ分けを頂いてる気分で、気持ちよかったな~。北24条を曲がってから、徐々に歩道側に移って、元世界チャンプの後ろへ。で、せさんに、走ってるよ報告したのち、元世界チャンプを抜いて、自分のペースへ。っつか、乗らない。
途中、広報車とすれ違ったとき、広報車の案内で、川内クンを中心にデッドヒート中、と。お~。で、すれ違ったときは、もう一人旅でした。反対車線から、ヒュゥ~~~~と嬌声あげて少し行ったら新川通り。もう、折れてる。トイレがあったら絶対に行く、と決めてるのに、なかなかない。
20k過ぎて、ありました。トイレ。数人待ちで1分半くらい。コースに戻って、カラダ軽くなって走れるようになるかな~、と思ったら、そうでもない。トホホ。
中間点、2時間3分くらい。スタートロス入れて。後半頑張れば、サブ4だ、と思ったとたんに、ムリムリと。足が止まる。終わった~。それからは歩いて、走って、歩いて、屈伸、みたいな。ゴールまでの道のり思うと、頭もクラクラしてくるぞ、と。
と、23kくらいか、アレ~こうめさんだ~、とさらにアレ~のつどーむでお世話になった美女ガ~さん。こんなとこで3人が会う、みたいな愉快な気持ち。でも、全員、カラダは悲鳴あげてます、みたいな。こんなことあるんだな~。今度は、気分も走りもノリノリのときに遭遇したいっすね。
25k、まだ折り返しも来てないよ。30k、35k。だんだん、関門のことも心配になってくる。前日にこうめさんに聞いた収容バスの話を思い出し、自分で体験してみるのもいいかも、なんて誘惑にもかられたり。エイドごとに水、スポーツドリンク、飲んでかけて。恐ろしいくらいに底なし。そして、先は、まだまだ長い。そういえば、初めて出会った風景。ランナー最後尾についてるクルマの人が、<こちらはナンタラカンタラです。このままでは、関門にかかると思われます。速やかに競技を終え、歩道にて待機してください。>みたいなことを言ってた。ヤバイ。このパックマンみたいなのがオイラのお尻に来た迫って来たら。
<折れない心>。何回か前の北海道マラソンでグッときた応援ボードが、この日は、何枚もののぼりにキレイに印刷されてるのが立ってたけど、オイラはそれじゃこないんだよね。
38k北大のキレイな校舎の前を通って、よ~し、ここからは歩かない、って決めたけど、ダメ~、歩いてる。どんだけ、弱いんだオレ。と、え、<ここから北大構内>の看板が。そっか、今までのは北大横の公道だったのか。よ~し、再トライだ。3時間前にずれてるせいか、今までの観衆とはビミョ~に雰囲気が違うような。だけど、止まらない、って決めたのは、あきらめないよ、と。クラーク像のコーナー。今年もウルウルさせていただく。感謝。歩いてないぞ~
北大出て道庁へ。どんどんアゲアゲ。前へ前へ。って、ゼンゼン走れてはいないんだけど。道庁抜けて、最後の大通りのコーナーが見えてくる。あ~終わっちゃうのか。やっと、という思いと、今までのコース上でさんざんもう北海道マラソンはやめる、って思ってたのに、北海道マラソンサイコ~、って。
コーナー曲がって最後の直線。すごい応援。オイラの少ないマラソン参加歴の中でも、この最後の直線の応援の凄さは、ほかにないな~。(NYC除く) これも、時間変更のせいもあるのか、今年は、今まで以上にそう感じた。
ゴール。今年は、まわりにランナーが密集してなかったので、業者カメラ、いいのあるかも、と思ったとたんに、夢から覚めて現実モード、自分イヤイヤモードへ。
完走メダルかけてもらって、チップ返却ののちは、給水も給食も受け取らず、まっすぐ、預け荷物引取り宿へ帰る。頭の中は、反省と自己嫌悪ばかり。

c0022340_2159913.jpg
朝メシ食べて、
c0022340_21583388.jpg
行ってきます。
c0022340_21584615.jpg
24時間モノ。
c0022340_21585180.jpg
マラソンの天気じゃないっしょ。
c0022340_2159315.jpg
シリアスランナー達のオーラプンプン。
c0022340_2159667.jpg
この1時間後にビックリニッコリアリガト~って。
c0022340_21591882.jpg
レース後。はげしく自己嫌悪中。とうきびワゴンも素通りだ。
c0022340_21592183.jpg
c0022340_2159328.jpg
ネットから泥棒。さんざん苦しんだけど、一晩たつと、こういうほうを思い出しちゃうんだよな~。
c0022340_21593447.jpg
c0022340_21594418.jpg
今年のフル、左から1月喜多、3月板橋、4月かすみがうら、6月千歳、8月北海道。オイラ、もう、悪くてサブ4の人、って悪ノリしてるとこあった。そんなことなんてありえないのに。そういうの教えてくれる大会だし、最後の直線は再認識だったけど、北大~道庁~大通公園は輝いてるし、バカみたいなまっすぐの新川通をバカになって走るのも(今年は歩いてる方が長かったけど)いいし、やっぱり来年もだな。うん。
それと、今年は、エイドのボランティアの方や、沿道の応援の方とのコミュニケーション能力が低いレースとなってて、それがすごい心残りだったので、それもね、巻き返しに行かないとね。

c0022340_1229153.jpg
序盤からノリ悪し。
c0022340_1229760.jpg
c0022340_12291414.jpg
新川通り。歩くな、もうじき、の頃。
c0022340_12292275.jpg
c0022340_12292991.jpg
北大。も~、ウエストポーチがヘンな位置だし。とか、そんなの全然構う余裕なし。何とか前へ、と。
c0022340_12293620.jpg
c0022340_12294226.jpg
北大クラーク像のコーナー。マラソンやってて、早く走れてるときもいいんだけど、こういう顔のときの気分も悪くない、かも。感謝。
c0022340_12295039.jpg
道庁。廻りは見えてないんだけど、独りじゃないのもわかってる。
c0022340_12295749.jpg
c0022340_123053.jpg
ここを曲がれば、ゴールまで最後の短い直線だ。
c0022340_12301270.jpg
ガンバレ、オレ、ガンバル。
c0022340_12302087.jpg
c0022340_12302728.jpg
ゴールも一瞬。

ランナーのクチコミ大会レポ。

その他の、2012北海道マラソン、惨敗の巻。
by sadigah | 2012-08-27 22:09 | その他の日本のマラソン | Comments(2)
Commented by oshi001 at 2012-08-27 22:38
お疲れ様でした。
本当にhagi師匠は『惨敗だ~3時間50分』くらいだと思ってましたよ。
こんな事もあるんですね。来年は私もリベンジしようかな(笑)
Commented by sadigah at 2012-08-27 23:10
帰りの千歳で満足げなランナー達多数。
オイラも、今度こそあ~なりたい、と切に思った。
oshiさんも、そういうの少しはあるでしょ、やっぱ(笑)。
<< ツキイチ。 2012北海道マラソン、惨敗の... >>