な~んてね。
c0022340_20415680.jpg何してるんだろ、オレ、って思ったりしてね。
少し前の出勤後、さ、始業と準備が整ったころ、先輩にお茶行こうよ、と誘われた。ま、取り急ぎは無いしと連れ添って近所のマックへ。
少し前にさ、○○さんと墓を買ったって話をしたんだけどさ、○○さんもさ、似たような立場だから、そうですよね~、って聞いてたよ。と、先輩がお墓を買ったことを話し始めた。あ~、そうなんですね、と、そっち方面に全然関心が行ってなかったオイラ。このあと、その購入記話が続くのかな~、と思ってたら。
必要に迫られてのことだった。同居している息子夫婦のお子さん。妊娠がわかって検査した時に子宮にポリープが見つかる。それを取り除くときに漏れた血液が羊水に混じり、、、いつもと変わらぬ調子の口ぶりで話が続く。で、400gの赤ちゃんが誕生。ずっと保育器の中で過ごす。初めて抱いた孫は冷たかった、と。
棺桶っていくらか知ってる、って聞かれる。わかりません、とオイラ。成人用の標準があって、それにいろいろオプションがあって、だけど、赤ん坊用って高いんだよ。
庭で汗流しながら作ってるときにさ、何してるんだろ、オレ、って。窓は付けたんですか、って、今思うと、大馬鹿野郎な質問を口にするオイラ。
人が背負っているものを垣間見た瞬間。

そのときの前後忘れたけど、文庫本で読んでた。久々の読書だったけど惹きこまれたな~。

14:30~@海浜幕張。フツー、映像の方がスピード感あると思ってるけど、自分のペースで読んでた方がスピードというかグイグイ感を感じた。観なくてもよかったな。
文庫本読んでなくって映画だったら、どうだったんだろ。で、そのあとに文字追ってったらグイグイはあったかな、って。本に忠実系な脚本だからそう感じたのかな。
by sadigah | 2010-07-06 20:45 | 映画とか | Comments(0)
<< 宿。 あ~、独立記念日のNY、いつか... >>